ピリッと辛い南イタリアの野菜料理「チャンボッタ」でそうめん

20

2020.07.13

分類主食

調理時間: 20分

ID 394922

曽布川優子

見て楽しむ食べて味わうおいしいイタリアン

南イタリアの野菜のごった煮のような料理「チャンボッタ」旬の夏野菜をトマトで煮る料理で、フランスの「ラタトゥユ」に似ています。そんな熱々のチャンボッタをつめたく冷やしたそうめんの上にのせました。唐辛子とにんにくをきかせたピリ辛味の熱々チャンボッタをのせることでさっぱりだけど体を冷やさない一品です。

    材料2人分
    にんにく 1片(10g)
    赤唐辛子 2個
    オリーブオイル 大さじ1+大さじ1
    なす 1個(80g)
    ズッキーニ 1/2個(140g)
    トマト 4個(160g)
    赤パプリカ 1/2個(100g)
    紫玉ねぎ 1/2個(100g)
    万願寺唐辛子 3個(80g)
    野菜だし 1/2カップ
    トマトソース 大さじ3
    少々
    そうめん 3束
    レモンのくし切り 適量
    パセリのみじん切り 少々
    作り方
    Point!
    ★冷たいそうめんに熱々のチャンボッタをのせるのがポイントです

    ★トマトは最初に入れるので煮崩れてソースの一部になりますが
     食感が欲しい場合は最後に入れてください

    ★市販のトマトソースはトマト缶や トマトピューレなどでもOk

    ★お好みでレモンを絞ってかけてください

    ★辛みはお好みで唐辛子の量を調整してください
    1. トマトは6等分のくし切り 万願寺唐辛子 赤パプリカは乱切り 紫玉ねぎは 5㎜厚さのくし切り なすとズッキーニは縦半分に切ってからいちょう切りにする
    2. フライパンにオリーブオイルを入れみじん切りにしたにんにくと赤唐辛子を炒める
    3. なす トマト ズッキーニを入れ炒める 
    4. 野菜だしを加え 残りの野菜の紫玉ねぎ 赤パプリカ 万願寺唐辛子を入れひと煮立ちさせトマトソースを加え 塩で味を調える
    5. 器に盛り付け パセリのみじん切りとレモンのくし切りを添える
    6. 茹でて水洗いして水気をきったそうめんにオリーブオイルと塩をまぶし器に盛り付け 熱々のチャンボッタをのせる
    1 27
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「イタリア料理 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。