注目ワード大葉ささみ餃子漬け物

Nadia Artistのレシピ数:36,357レシピ

イタリア料理 *リヴォルノ風魚介のトマト煮込み カッチュッコ

  • 2014.12.20

  • 122417
  • 主菜
    イタリア料理 *リヴォルノ風魚介のトマト煮込み カッチュッコ
    イタリア料理 *リヴォルノ風魚介のトマト煮込み カッチュッコイタリア料理 *リヴォルノ風魚介のトマト煮込み カッチュッコ

    コメント

    大きなお鍋で豪快に作る、イタリア漁師町の煮込みなべ。料理名 "cacciucco"に含まれる5つの "c" の文字にちなみ、5種類以上の魚介をふんだんに入れて作るのが伝統とされています。

    数種類の魚介とトマト、香味野菜の濃厚な旨味が溶け出したスープをパンにたっぷり吸わせていただけば、これはもう一度食べたら忘れられないおいしさ。日本の冬の鍋用具材を使っても、手軽に作れます♪

    材料4人分

    アラ込みで約650g
    200g
    1杯
    4尾
    300g
    1個
    1/2本
    1/2本
    3片 (※この内、パン用に1片)
    大さじ2
    1本分
    大さじ2+100cc
    小さじ1/4
    50cc
    150cc
    1缶
    適量

    作り方

    下準備

    あさりは前もって砂抜きしておく。

    1

    玉ねぎは半量を薄切りに、残りはみじん切りにする。
    セロリ、にんじんは薄切りにする。
    にんにく2片分、パセリはみじん切りにする。

    2

    魚はうろこや内臓を取る。身の方は大ぶりに切り、頭や骨などのアラは血合いをよく洗い流してきれいにする。
    タコ、イカはさばいて食べやすい大きさに。
    海老は殻ごと使うので、洗ってぬめりをしっかり落とす。

    3

    魚のスープ(フュメ・ド・ポワソン)をとる。

    鍋にオリーブオイルを熱して、薄切りにした野菜(玉ねぎの半量・セロリ・にんじん)と、みじん切りにした野菜(にんにく1片分・パセリ)を入れて炒める。じっくり蒸し煮し、全体がしっとりしてきたら、魚のアラと塩を入れて白ワインを振りアルコール分を飛ばす。

    水をひたひたに注いで(300~400cc前後)煮立ったらアクをとり、そのまま弱火で30分煮たら、シノワやざるなどで濾(こ)す。魚のアラの身があればほぐして取り分けておき、残りはぎゅっとしぼるようにしっかりスープを取る。

    ★この工程について、より詳しい作り方はこちら↓をどうぞ。
    oceans-nadia.com/user/26/recipe/136724

    4

    別の大きな鍋にオリーブオイル100ccを熱してみじん切りの玉ねぎを炒める。
    透明感が出てきたらみじん切りのにんにく1片分と、鷹の爪を加える。
    香りが立ったらタコとイカを入れて赤ワインを注ぎ、アルコール分を飛ばしてからトマト缶を加え、蓋をして弱火で30分煮込む。

    5

    3 の魚のスープを 4 の鍋に注ぎ入れる。
    煮立ったら魚の身を入れて一煮立ちさせ、海老とあさりも加えて貝の口が開くまで蓋をして煮込む。

    6

    スライスしたパンをトースターなどで軽く焙ってから、半割りにしたにんにくの断面をこすりつけ、皿の底に敷き詰める。その上に 6) をたっぷりとかけ、
    熱々をいただく(写真のようにさらにパンを添えても◎)。

    ポイント

    ◆本場ではムール貝やシャコなどを入れることが多い料理ですが、魚介類はお好みのもので大丈夫です。

    ◆ワインも、なければ赤か白どちらかでかまいません。

    ◆お好みで、フェンネル、セージ、タイムなどを加えても。

    このレシピのコメントや感想を伝えよう!

    作ってみたお料理の写真をアップ

    似たレシピをキーワードからさがす

    関連記事

    ページの先頭へ

    最近見たレシピ