レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

イタリア料理 *リヴォルノ風魚介のトマト煮込み カッチュッコ

主菜

イタリア料理 *リヴォルノ風魚介のトマト煮込み カッチュッコ
  • 投稿日2014/12/20

  • 調理時間60

大きなお鍋で豪快に作る、イタリア漁師町の煮込みなべ。料理名 "cacciucco"に含まれる5つの "c" の文字にちなみ、5種類以上の魚介をふんだんに入れて作るのが伝統とされています。 数種類の魚介とトマト、香味野菜の濃厚な旨味が溶け出したスープをパンにたっぷり吸わせていただけば、これはもう一度食べたら忘れられないおいしさ。日本の冬の鍋用具材を使っても、手軽に作れます♪

材料4人分

  • お好みの魚 (※今回は鍋もの用スケトウダラを使用)
    アラ込みで約650g
  • タコ
    200g
  • イカ
    1杯
  • 有頭海老
    4尾
  • あさり
    300g
  • 玉ねぎ
    1個
  • セロリ
    1/2本
  • にんじん
    1/2本
  • にんにく
    3片 (※この内、パン用に1片)
  • パセリ(みじん切り)
    大さじ2
  • 赤唐辛子(種を取って小口切りにしたもの)
    1本分
  • オリーブオイル
    大さじ2+100cc
  • 小さじ1/4
  • 白ワイン
    50cc
  • 赤ワイン
    150cc
  • トマト缶(水煮)
    1缶
  • バゲット
    適量

作り方

ポイント

◆本場ではムール貝やシャコなどを入れることが多い料理ですが、魚介類はお好みのもので大丈夫です。 ◆ワインも、なければ赤か白どちらかでかまいません。 ◆お好みで、フェンネル、セージ、タイムなどを加えても。

  • あさりは前もって砂抜きしておく。

  • 1

    玉ねぎは半量を薄切りに、残りはみじん切りにする。 セロリ、にんじんは薄切りにする。 にんにく2片分、パセリはみじん切りにする。

  • 2

    魚はうろこや内臓を取る。身の方は大ぶりに切り、頭や骨などのアラは血合いをよく洗い流してきれいにする。 タコ、イカはさばいて食べやすい大きさに。 海老は殻ごと使うので、洗ってぬめりをしっかり落とす。

  • 3

    魚のスープ(フュメ・ド・ポワソン)をとる。 鍋にオリーブオイルを熱して、薄切りにした野菜(玉ねぎの半量・セロリ・にんじん)と、みじん切りにした野菜(にんにく1片分・パセリ)を入れて炒める。じっくり蒸し煮し、全体がしっとりしてきたら、魚のアラと塩を入れて白ワインを振りアルコール分を飛ばす。 水をひたひたに注いで(300~400cc前後)煮立ったらアクをとり、そのまま弱火で30分煮たら、シノワやざるなどで濾(こ)す。魚のアラの身があればほぐして取り分けておき、残りはぎゅっとしぼるようにしっかりスープを取る。 ★この工程について、より詳しい作り方はこちら↓をどうぞ。 https://oceans-nadia.com/user/26/recipe/136724

    工程写真
  • 4

    別の大きな鍋にオリーブオイル100ccを熱してみじん切りの玉ねぎを炒める。 透明感が出てきたらみじん切りのにんにく1片分と、鷹の爪を加える。 香りが立ったらタコとイカを入れて赤ワインを注ぎ、アルコール分を飛ばしてからトマト缶を加え、蓋をして弱火で30分煮込む。

    工程写真
  • 5

    3 の魚のスープを 4 の鍋に注ぎ入れる。 煮立ったら魚の身を入れて一煮立ちさせ、海老とあさりも加えて貝の口が開くまで蓋をして煮込む。

    工程写真
  • 6

    スライスしたパンをトースターなどで軽く焙ってから、半割りにしたにんにくの断面をこすりつけ、皿の底に敷き詰める。その上に 6) をたっぷりとかけ、 熱々をいただく(写真のようにさらにパンを添えても◎)。

    工程写真
レシピID

122417

「にんにく」の基礎

「トマト」の基礎

「玉ねぎ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

煮込み」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

庭乃桃
Artist

庭乃桃

料理・食文化研究家 / 女子栄養大学 食生活指導士。 大学院でヨーロッパの歴史・文化を専攻し、現地へ留学。結婚をはさんで数年を過ごすなか、生活のベースとしての「食」の大切さを改めて感じて食の道へ。その土地ごとの暮らし・風土からうまれる料理や食のありかたを学ぶ。 現在は、料理家として企業向けレシピの開発やスタイリング・撮影を手がけるほか、食に関する書籍・コラムの執筆や翻訳、講演など多方面で活動中。 2020年、欧州連合(EU)の食品・飲料プロモーション「パーフェクトマッチ・キャンペーン」で、EU食材×日本食材のマッチングによる季節のオリジナルレシピを開発・監修。広尾のヨーロッパハウス(駐日欧州連合代表部)、国内最大の”食”の見本市・ファベックス関西ほか会場で、同キャンペーンの基調講演をおこなった。

「料理家」という働き方 Artist History