レシピサイトNadia
    主菜

    豚もも肉とお豆のポットロースト~りんごジャム仕立て

    • 投稿日2019/09/22

    • 更新日2019/09/22

    • 調理時間35(肉の漬け込み時間・室温への戻し時間・休ませ時間を除く)

    おどろくほどやわらかでジューシィな、豚もも肉のポットロースト。 そのおいしさのヒミツは、お肉の下味と煮込みの両方に使う、甘酸っぱいりんごジャム。具材の旨みをすべて吸いこんだ、野菜とお豆も絶品です。

    材料4人分

    • 豚もも肉(ブロック)
      370g前後
    • にんじん
      1/4本(25g)
    • セロリ
      1/2本(50g)
    • 玉ねぎ
      1/4個(50g)
    • キャベツ
      1/8個(150g)
    • じゃがいも
      大1個(180g)
    • ミックスビーンズ
      1缶(110g)
    • オリーブオイル
      小さじ2
    • バター
      5g
    • 白ワイン
      80cc
    • A
      大さじ1/2
    • A
      ブラックペッパー、ガーリックパウダー、好みのハーブ
      各少々
    • A
      りんごジャム
      大さじ2
    • B
      白ワイン
      50cc
    • B
      りんごジャム
      大さじ3
    • B
      少々

    作り方

    ポイント

    ◆肉の下味【A】は、りんごジャムを一番最後にすりこみます(味をしっかりなじませるため)。  ちなみにハーブは、豚肉との相性がよいローズマリーやタイム、セージなどがおすすめです。 ◆市販のジャムはものによって甘さ(糖度)がちがうので、お好みで量を加減してください。

    • 豚もも肉(ブロック)はA 塩大さじ1/2、ブラックペッパー、ガーリックパウダー、好みのハーブ各少々、りんごジャム大さじ2を順にすりこみ、冷蔵庫で1晩寝かせる。 調理する30分前には取り出して、室温に戻しておく (表面をさっとぬぐって、ハーブなどを取り除いておくとよい)。

      工程写真
    • 1

      にんじん、セロリ(筋をとる)、玉ねぎは、1.5cmの角切りにする。 キャベツはくし型に切って、さらに半分くらいの大きさにする。 じゃがいもは2cm角に切る。

      工程写真
    • 2

      厚手のなべにオリーブオイルを熱して、強めの中火で豚もも肉を焼く。全面に焼き色がついたら取り出す。

      工程写真
    • 3

      同じなべで、にんじん、セロリ、玉ねぎを炒める。なべ底に残った肉の旨みをこそげるようにしながら炒め、白ワインを加えて煮立たせる。

      工程写真
    • 4

      3のまんなかに肉をのせ、周りにキャベツを入れる。バターを散らし、ふたをして弱火で8~10分蒸し煮する。

      工程写真
    • 5

      じゃがいも、ミックスビーンズ、B 白ワイン50cc、りんごジャム大さじ3、塩少々を加えて全体をなじませ、さらに8~10分蒸し煮してから火を止め、そのまま5分蒸らす。

      工程写真
    • 6

      肉を取り出し、10分ほど肉汁を休ませてから好みの厚さに切る。蒸し汁、野菜とともに盛りつけていただく。

      工程写真
    レシピID

    380309

    質問

    作ってみた!

    こんな「蒸し煮」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているコラム

    関連キーワード

    「じゃがいも」の基礎

    「りんご」の基礎

    「鶏もも肉」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    庭乃桃
    • Artist

    庭乃桃

    料理・食文化研究家

    • 女子栄養大学食生活指導士

    料理・食文化研究家 / 女子栄養大学 食生活指導士 / 文筆家 はじめまして、庭乃桃(にわもも)と申します。 どこの国の料理でも、食べたいのは しみじみ "おいしい!" と思えるごはん。 和のおかずから、洋食、エスニック、 本場ヨーロッパの家庭料理まで、 旬の食材や季節感を大切にした おいしいものが大好きです。 企業様向けレシピの開発や、 レシピ記事の制作、本やコラムを書く仕事を しています。 時々、翻訳、講演なども。 いろいろなレシピがあるので、 よかったらぜひのぞいていってくださいね!

    「料理家」という働き方 Artist History