根菜満載☆芯まで温まる、ぬっぺ汁!【長崎県郷土料理】

30

2017.10.19

分類汁物

調理時間: 30分

ID 202668

西井千里(ち~sun)

ち~sunの古今東西レシピ

長崎県諫早市の「ぬっぺ汁」です。
ぬぺ~っとしてるから”ぬっぺ”汁!(笑)
食べる暖房!? ってくらいめちゃ温まる、大満足の一杯ですよ。
諫早出身の母から受け継いだものを私なりに整えました。
本来は肉の入らぬ料理ですが、栄養バランスと美味しさを考えて鶏肉を入れるのが母流。
椀ではなく丼で食べてほしい一杯です(^^)

    材料(20㎝両手鍋いっぱい)
    鶏もも肉 1/2~1枚
    里芋 4~5個
    大根 1/3本
    人参 1/2本
    ゴボウ 1本
    蓮根 150g
    厚揚げ 1枚
    コンニャク 1/2枚
    サラダ油 少々
    だし汁(焼きあご推奨) 800㏄
    水溶き片栗粉 適量
    A
    大さじ1
    A
    みりん 大さじ1
    A
    てんさい糖(砂糖) 大さじ1と1/2
    A
    醤油 大さじ1と1/2
    A
    ひたつまみ
    作り方
    Point!
    ◆具材の量は大体です。今回、大根は小さいもの1/2本・里芋(小)6個・ゴボウ1本・鶏肉は2/3枚くらい。
    ◆長崎と言うことで、焼きあご出汁がおススメです。もちろん普段の出汁でも大丈夫。
    ◆厚揚げは崩れやすい為、最後に加えます。
    ◆我が家は薄味だと思います。味を見てお好みで整えて下さい。
    1. ※具材は基本的にすべて1~2㎝角に揃えて切ります※
    2. ゴボウはタワシで洗い、カット。皮を剥いてカットした蓮根と共に酢水(分量外)に漬けておく。
      コンニャクは小さくちぎり、熱湯で5分下ゆでしてザルに上げておく。
    3. 厚揚げは熱湯を回し掛け、油抜きをしてからカット。
      画像のように菜箸を刺して持ち上げ、湯を掛けると楽ちん!
    4. 大根・人参・里芋も皮を剥いてカット。
      鶏もも肉もカットする。

      ※鶏肉の皮の有無はお好みで。
    5. 鍋にサラダ油を熱し、コンニャク・厚揚げ以外の具を入れて炒める。

      ※目安はレンコンの端が軽く透き通るくらい。
    6. だし汁を注いで蓋をし、沸騰したらコンニャクを加え、灰汁を取りつつ根菜が柔らかくなるまで煮る。
    7. A

      酒 大さじ1、みりん 大さじ1、てんさい糖(砂糖) 大さじ1と1/2、醤油 大さじ1と1/2、塩 ひたつまみ

      で調味したら厚揚げを加えて優しく混ぜ、5分ほど煮る。
    8. 仕上げに水溶き片栗粉で好みのトロミを付け、2分ほどグツグツさせる。
      出来上がり♪
    21 115
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「汁物 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。