注目ワードピーマンピリ辛いかネギ塩とうもろこし

Nadia Artistのレシピ数:36,165レシピ

Nadiaからのお知らせ

Nadiaからのお知らせ

特集&おすすめコンテンツ

特集&おすすめコンテンツ

2017.07.26更新
  • 豊田 亜紀子

    豊田 亜紀子

    お庭で育てている唐辛子が大きくなってきました♪

    ​子育てに翻弄したこの十数年・・・ でも、気が付いたら すっかり「ゆとりのお母さん」になっております。 今の自宅に住んだ当初は、 ご近所でも『新人さん』をやっていましたが ​16年以上も住むと、今の私は すっかり『ベテラン地域住民』でございます。 相変わらず、の~んびりと ​なんの焦りも感じておらず、 ​自宅の庭でガーデニング等、楽しんでおります。 春には優雅にバラを楽しんで、 ワイルドストロベリーをパクついたり・・・♪ そして、そんな季節に植えたのが下写真の『唐辛子』の苗。 ​  ↓   ↓   ↓ 苗が大きくなってきたんですが、そんな矢先に あーーーっ!!! ​  ↑  ↑  ↑ 一番、初めに付けた実が落下。。。(笑) でも、以前、農家の人に聞いた話によると、 ​スイカでも、唐辛子でも、何の野菜でも、 一番最初に付けた実って、一番(味が)マズいんだそうです。 ​なので、 この一番花の唐辛子は、潔く自分から落ちて 私たち家族においしい唐辛子を食べさせて くれようとしているんだなぁ~と思いました。 そして、そのおいしいであろう唐辛子は、 今、こんなに大きくなって、 その後、赤く色付き始めています。 ちょっと甘めで大きく育つ品種なので ​テラコッタが、少々、小さ過ぎました。。。 ​この唐辛子は、 『手作りスイートチリソース』を 作るために植えたのです。 今年は、自家製の唐辛子を使って ​東南アジア料理作りを楽しみたいと思います♡

  • 楠みどり

    楠みどり

    『おしゃれで便利なキッチンアイテム』コラムが公開になりました!

    Nadia記事にて、僭越ながら私のお気に入りのキッチングッズについてコラムを書かせて頂きました。 今はお洒落で便利なキッチングッズがたくさんありますよね。 私は、最新家電や最新のキッチングッズには疎いのですが、長年愛用していて愛着のあるキッチングッズはたくさんあり、どれをご紹介しようか正直かなり悩みました。 そこで今回は、このブログの中で、コラムではご紹介しきれなかった、私の愛用キッチングッズについて書かせて頂きたいと思います。 写真のナイフは、パンや果物を切るのに便利な『ウェンガーナイフ』。 このナイフは、フードコーディネートの勉強をしていたスクールで、校長先生の粋な計らいで、受講生は特別に名前入りで購入できたもの。 よーく見ると、私の名前が入っています^^ フードコーディネートの学校を卒業してから10年近く経ちますが、今でも愛用しています。ハード系のパンもすんなり切れますし、オレンジやレモンなどもきれいにカットできます。 続いて、以前このブログ内でも書いたことがあるのですが、包丁で有名な京都『有次』のバターナイフ。キッチングッズというより、カトラリーなのですが、誕生日に友人にプレゼントしてもらって以来、ずっと大事に使っています。こちらも名前入りなのです^^ そして・・・ 今年の誕生日に新たに仲間入りしたのが・・・ 『有次』のスプーン♥これまた名前入り(笑) バターナイフと一緒にまた宝物が増えました。 ウェンガーナイフにしても、有次のカトラリーにしても、使い勝手の良さはもちろんなのですが、名前入りだと特別感が増し、愛着がわきますよね。 朝食の時間や料理をする時間が楽しくなる、私のお気に入りをご紹介させて頂きました。 これからもずっと大事に使い続けていきたいと思っています。

  • 管理栄養士 沼津 りえ

    管理栄養士 沼津 りえ

    7月10日~15日女子高生弁当日記

    おはようございます。 東京の梅雨もあけました。 土用干しのタイミング! ワクワクします。 さて、先週の女子高生弁当です。 先週は長女の高校の高校野球の予選でした。 最後まであきらめずに戦う仲間を応援できた経験が出来たこと。 長女の財産になりました。 おにぎり持参の日が一日ありました。 ので写真ナシ。 一日は次女弁あり。 ★7月10日(月) <弁> ・ササミのカリカリチーズ焼き ・お手軽ナポリタン(cook最強レシピ) ・ねぎ入り卵焼き <夜> ・茄子の牛肉巻き巻き焼き ※塩もみした茄子を巻くと焼きが早いです。歯ごたえもよい。 ・ささみのオイル漬け(ちょこっとだけ漬けものp75) ・オクラみょうがのっけ冷ややっこ ・しめじとワカメの味噌汁 ★7月11日(火) <弁> ・とんかつゴマタレ ※ご飯の上に大胆にのっけました。 炒りゴマを最後にちらすとなんだかおしゃれ?になるね。 ・小葱入り卵焼き ・ほうれん草とハムのナムル ※ごま油と塩をあわせただけ <夜> ・鰆の西京焼き ・ズッキーニと豚肩ロースのハーブ塩グリル ※輪切りにしたズッキーニとテキトーに切った豚肉をオリーブオイル・ドライハーブ・塩をまぶしオーブンで焼いただけ。ネーミングだけはそれなり。 ・レバーのたっぷり生姜煮 ※鉄分補給 ・葉野菜たっぷりサラダ ・茄子の味噌汁 ★7月12日(水) <弁> ・さわらの西京焼き ※前日のものをちょこっと取り置き ・ササミのオイル漬けとキャベツしめじのサラダ ※卵焼きの横でキャベツとしめじをサッと炒めてオイル漬けと合わせました。 粒マスタードを少々。 <夜> ・ロール餃子 ※大ヒット!油揚げを広げて海苔巻きの様に餃子の具を巻いてフライパンで焼く。 一口大に切り盛りつけ。 簡単で油揚げのコクでウマイ。糖質off。 ・きゅうりとキャベツ・ツナのサラダ ・ところてん ・かきたま汁 ★7月13日(木) <弁> ・鶏むね肉の磯辺揚げ焼き 青のりの香りが好き。 ・ねぎときざみハム入り卵焼き ・ちくわのわっか ※なんだか寂しかったので輪切りにしたちくわをピックでさしてみました。 ・キャベツときゅうりのツナサラダ ※つくりおき <夜> ・フライパンで作るロールキャベツ ※ひき肉の半分を鶏挽肉にしました。 さっぱりとして美味しい!脂質off。良質のたんぱく質。 ・いかそうめん ※なんだか急に食べたくなり・・思わず。 ・もずく酢きゅうり ・ササミのオイル漬けサラダ ・ほうれん草と卵白のかきたま汁 ★7月14日(金) <弁> 高校野球応戦でおにぎり ※前回お弁当にしたら立って食べられるものでと・・ 生姜焼き入りおにぎり2個。 <夜> ・ホルモン、豚肉の野菜炒め ※野菜炒めを美味しくカンタンに作る方法近日中アップしますね。 ・おかひじきの酢の物 ・ししゃも ※急に食べたくなり・・・つい買いました。 ししゃも大好き。 ★7月15日(土) <弁>2人分 ・豚肉とジャガイモの甘辛ごま炒め ※じゃがいもをあらかじめレンジで柔らかくしておけばラク。 味も絡みやすい。 ・ちくわの磯辺揚げ ※次女が大好き ・ねぎしらす入り卵焼き ・茹でたオクラ ※輪切りにして散りばめる。これだけでなんかがんばった風なイメージ弁へ変身。 週末ごはんの記憶が・・・ 記録していないと忘れちゃいますね。。。 たしか・・・ 茄子など色々野菜と豚肉・鶏肉を焼いて作った 焼南蛮漬けをたくさん作り置きしたんだった。 暑いときにメインが作り置きだと楽ですね。 今日が終業式の我が家・・・ と、言っても次女は明日から一週間補習授業で毎日登校&部活(お弁当) 長女は明日から2泊3日で勉強合宿とやらに・・ホテルに3日間こもって勉強。 もどったら毎日部活(弁当) と夏休みアッという間に終わりそうです。 夏バテしないように乗り切ろう・・・子供も親も。 ではまた来週!

  • Nadia編集部

    Nadia編集部

    レシピ投稿テクニック 材料編

    こんにちは、中の人(システム開発担当)の深川です。 皆さんが実際に使っていいただいている機能や、裏方の機能、インフラまわりなど、アプリを除くほぼすべての範囲を担当しています。 今回は、Artistさんが使用するレシピ投稿画面の使い方についてお話したいと思います。 材料欄に書かれた材料を作り方の中に記載しなかった時、警告が出るようになった事にお気づきでしたか? 材料に書いてあるのに、作り方の中で使われていない! これ、ど〜するの?? というのを防止する機能になります。 そのため、材料名を正確に作り方の中に記載しないといけないのですが、ときにはムダな書き方になって 「めんどくさい!」 と感じるかもしれません。 例えば、 [材料] 豚こま肉  200g [作り方] 豚こま肉を炒めます。 作り方の部分までに「豚こま肉」を書くのは、余分な気がしますよね? 実は、「牛ほにゃらら肉」、「豚ほにゃらら肉」、「鶏ほにゃらら肉」に関しては、 牛肉、豚肉、鶏肉と省略して書けるんです。 ほにゃらら の部分が省略できるので、「豚肩ロース肉」と材料に書いた場合は 作り方に「豚肉を炒めます」と書くことができます。 次に合わせ調味料を作る場合です。 こちらは、材料の前にあるグループからAやBを選ぶと、同じグループの材料は 【A】 としてまとめて書けます。 [作り方] 【A】をあわせます。 という風に、1つ1つ材料を書く必要がありません。 最後は、(カッコ)の中に書く、です。 形状や大きさなどを補足する場合などに使えます。 例えば、 [材料] コンソメ顆粒 小さじ1 [作り方] コンソメ顆粒を◯◯と混ぜる。 材料名を正確に書く必要があるので、冗長な作り方になっていますが、この場合は、 [材料] コンソメ(顆粒) 小さじ1 [作り方] コンソメを◯◯と混ぜる。 と、作り方の中に書きたくない部分を( )の中に入れ、省略して書くことができます。 [材料] Mサイズの卵 1個 [作り方] Mサイズの卵を茹でる。 と書くよりも [材料] 卵(Mサイズ) 1個 [作り方] 卵を茹でる。 と書くほうが自然な表現になりますね。 以上、材料を書く時のテクニックでした!

  • 横田 尋香/ひなちゅん

    横田 尋香/ひなちゅん

    マルミツポテリ 2017展示会に参加してきました

    7/3 マルミツポテリさんの本社にて行われた「2017展示会」に参加してきました。 マルミツポテリと言えば、STUDIO M’やSOBOKAIの器! Nadiaアーティストの皆さんももちろんご存知の方、器を持っていらっしゃる方も多いことでしょう。アップされるNadiaレシピの写真でもよく見かけますね。 今回のテーマは『二十四節気』。 日本には二十四の季節があり、それぞれの特有の行事や旬の食材があります。それらを感じることによって、より暮らしを豊かにすることができる、というもの。 そんな季節に合わせた器の見せ方や、選び方・使い方そして、料理を美しく見せるためのスタイリングについて学びました。 二十四節気に合わせた器の展示の説明を受けたあとは、社員食堂にて昼食です! 用意していただいた昼食はこちら。 とても美味しそう!お腹がすいたな~と参加者のテンションも上がりましたが、すぐには食べられません(笑 用意していただいた美味しそうな昼食の前に、お手本にそってまずは自分たちでスタイリングをするところから始まります。 スタイリングが完成したらようやく盛り付け。すべて自分たちで行います。 季節を感じ、それに合わせた器を用意し、スタイリングするところから料理は始まっているのだと、改めて感じた1日でもありました。 今回、購入させて頂いた器があります。藍色のおちついたお皿です。 まだまだスタイリングについては学ばなくてはなりませんが、まずは早速お料理をしてみました。 レシピはこちら。<ごまだれ冷やし肉うどん> https://oceans-nadia.com/user/11375/recipe/172842 この記事ではご紹介しきれないほどの素敵な器の数々、展示会の様子は ひなCafeStyleのブログでも書いています。よろしければぜひご覧くださいね。

新着活動・仕事

新着活動・仕事

  • 管理栄養士 沼津 りえ

    【2017.07.07】管理栄養士 沼津 りえ

    【出版】電子書籍発売のお知らせ!

    ボブとアンジーebook 「管理栄養士りえさんの日本酒にあう季節のかんたんおつまみレシピ - 越乃寒梅×Bob&Angie」が発売になりました。 丁寧なプロセスカット入りで、春~初夏、夏~初秋、秋~冬、と季節ごとに全16品の日本酒によく合う料理のレシピをご紹介しております。書籍の最後のページには調理時間、調理方法に整理された索引もあります。 書籍から沼津りえコメント引用 ー日本酒と合わせる料理は、和食だけではなく中華・洋食など様々な料理との組み合わせで楽しむことが出来ます。今回も、様々なお酒を味わいながら色々なジャンルに挑戦しました。おつまみとして、夕食のお共として、おもてなしとして、いろんなシーンをイメージしています。また季節感を感じられる食材を使用し、見ても食べても楽しい!を意識しました。作り方はなるべくシンプルに、お酒の旨みと香りを邪魔せず引き立てるような組み合わせになっております。飲みながら作るのも楽しいかもしれませんねー。 8/3まで、以下の3サイトで電子書籍リリースキャンペーン実施中です。 キャンペーン内容:通常324円が100円でご購入頂けます。 良かったら、ご覧ください。 ◆紀伊国屋書店へ ↓ https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0449932 ◆BOOK WALKERへ ↓ https://bookwalker.jp/deb19236bc-bdfc-401b-b974-3d895c814d25/ ◆Amazon Kindleへ ↓ https://www.amazon.co.jp/%E7%AE%A1%E7%90%86%E6%A0%84%E9%A4%8A%E5%A3%AB%E3%82%8A%E3%81%88%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%85%92%E3%81%AB%E3%81%82%E3%81%86%E5%AD%A3%E7%AF%80%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%9F%E3%82%93%E3%81%8A%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%BF%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%94-%E8%B6%8A%E4%B9%83%E5%AF%92%E6%A2%85-Bob-Angie-%E3%83%9C%E3%83%96%E3%81%A8%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%BCebook-%E3%83%9C%E3%83%96%E3%81%A8%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%BC%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8-ebook/dp/B073TSQWST/ref=sr_1_6?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1500902466&sr=1-6&keywords=%E3%83%9C%E3%83%96%E3%81%A8%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%BC

  • 玉田 悦子

    【2017.06.01】玉田 悦子

    【企業向けレシピ開発】

    千葉県市川市のショッピングセンター 「ニッケコルトンプラザ」様の販促誌「コルプレ」6月号にて、 レシピコーナーを担当しました。 フォトジェニックがテーマ♪ ということで、ごろごろ実が沢山はいったマフィンのレシピ提供と 店舗の器をチョイスし、大人っぽいティータイムと明るいパーティータイムのスタイリングをさせて頂きました。 コルトンにもこんなおしゃれなものが売っているのね、となったら嬉しいです^^

  • 田村りか*ランチョンマット

    【2017.07.06】田村りか*ランチョンマット

    【雑誌・WEB掲載】雑誌掲載感謝☆

    ただいま発売中の宝島者『クックパッドmagazine!Vol.13』の 雑誌に私のレシピが掲載されました。 関係者の方々選んでいただき有難う ございました。 【https://cookpad.com/recipe/2569203】

  • ゆきこ(pastis009)

    【2017.07.16】ゆきこ(pastis009)

    【雑誌・WEB掲載】只今発売中!『クックパッドマガジン vol.13』掲載

    クックパッドマガジン vol.13 「私がつくれぽしたレシピ」のページに掲載していただきました。 まぁ!さんの『毎朝食べる♪マッシュルームトースト』をご紹介してます。 6年ほど前につくれぽしたレシピですが、オシャレなトーストで、香りよく美味しかった感動を今でも覚えています。 私にとっての「つくれぽ」機能への想いをのせていただきました。 店頭で見かけたら、お手にとってみてください!

  • 崎野晴子

    【2017.07.15】崎野晴子

    【出版】監修協力本「歴メシ!」発売(7/24)

    柏書房から7/24に発売される「歴メシ!(遠藤雅司:著)の第5章(ルネサンス料理)においてイタリア料理文化史、料理エッセイの校正に協力させていただきました。 「歴メシ!」は作者の遠藤さんが主宰する歴史料理イベント「音食紀行」で作られた“歴史再現料理”のレシピにエッセイを合わせた新しいタイプの料理本。 メソポタミア、古代ローマ、ルネサンス…と中世、古代にさかのぼりながら当時の人々が食べていたレシピを現代人に美味しく再現していきます。 エッセイでは大学教授から歴史研究家、リュート奏者…など多彩なスペシャリスト達がバックアップ。歴史、文化、料理といったあらゆる側面から脇を固め、エッセイに奥行と正確さをプラス。 私も少しでもよい本に、とご協力すべくイタリア料理文化史の流れ、年代等の精査にご協力させていただきました。 第5章のルネサンス料理では巨匠「ダ・ヴィンチ」にスポットライトを当てつつ、フィレンツェの貴族の贅沢な食卓から、彼らの食生活に革命をもたらす賢人、プラーティナの食への想いがつづられます。そしてそんな貴族達の館を行き来しながら生きたダ・ヴィンチの食生活を浮き彫りにしていきます。 “歴史”と“料理”をキーワードに、芸術、文化、音楽といった幅広いカテゴリーにまで及ぶ「歴メシ!」の世界観は必見です。 東京を中心に地方、津々浦々まで“地方公演”まで実現するエネルギッシュな「音食紀行」にも注目です! 「歴メシ!」発売は7月24日、書店ほかamazon、楽天ブックスなどでぜひお手に取ってご覧くださいませ。 「歴メシ!」(柏書房) http://www.kashiwashobo.co.jp/book/b307564.html

おすすめNadia Artist

おすすめNadia Artist

  1. 国際薬膳師 KANA

    国際薬膳師 KANA

    薬膳の考え方をもとにした「養生ごはん」。 「薬膳」「養生ごはん」と聞くと「難しそう」と思う方も多いかもしれませんが、 身近な材料で簡単に作れるものもたくさんあります! 自身の体調不良がきっかけで薬膳を学び、 2014年から「養生キッチンふうど」として愛知県を拠点に活動スタート。 現在は、料理教室(しばらくお休み中)・レシピ開発・コラム執筆などを行っています。 これまでに訪れた国は、約40ヶ国。 知らない土地に行って食べ歩きをするのが大好きな国際薬膳師です^^ 夢は、いつか養生ごはんの機内食レシピを提案すること!

    Follower:8Recipe:25

編集部からのコメント

国際薬膳師として、レシピ開発、コラム執筆などを中心に活動している。身近な材料で簡単にできる薬膳ごはんが人気。

ページの先頭へ